各室概要

気候変動適応推進室メンバーはこちら

気候変動適応推進のために、気候変動等に関する調査研究等機関や地域気候変動適応センター等と連携し、また国民一人一人が有する気候変動影響などの情報などに留意しつつ、気候変動影響及び気候変動適応に関する内外の情報を収集・整理し、それらを総合的に用いて都道府県又は市町村による気候変動適応計画の策定や適応施策等への技術的援助を、観測・監視研究室、影響評価研究室、適応戦略研究室と連携して実施します。

気候変動適応推進室

気候変動影響観測・監視研究室メンバーはこちら

気候変動が日本を含めたアジア・太平洋域の自然生態系や大気汚染などに及ぼしてきた影響を検出するため、必要となる観測を実施すると共に過去からの観測データを収集・整備することにより長期的な変動を検出し、気候変動との関連性を分析します。また、その原因を特定するための理論(メカニズム)と手法の確立に関する調査・研究を実施します。さらに、気候変動影響の観測・監視システムの構築について検討します。

気候変動影響観測・監視研究室

気候変動影響評価研究室メンバーはこちら

複数分野を対象として、全球、アジア・太平洋、日本における気候変動影響評価手法の高度化を行い、最新の気候シナリオや社会経済シナリオを利用して気候変動影響評価を実施する。このとき、適応の有無による影響の違いも評価します。また、気候予測情報を効率的に収集整備し、バイアス補正を行った上で、全球及び国内の気候シナリオを提供できるシステムを構築します。

気候変動影響評価研究室

気候変動適応戦略研究室メンバーはこちら

観測・監視研究室・影響評価研究室と連携し、適応計画、科学的知見、及び適応実践の間に存在しうるギャップや阻害条件等を明らかにするとともに、効果的な適応戦略立案に必要な方策について検討します。また、気候変動適応情報プラットフォームやアジア太平洋気候変動適応情報プラットフォームの構築・運営に務めます。

気候変動適応戦略研究室
PageTop