気候変動適応研究プログラム

プログラム概要

プログラム統括: 肱岡靖明(適応C)

地方公共団体をはじめとする各主体による気候変動適応推進に係る取組を科学的に支援するために、①気候変動影響の観測・監視、②気候変動影響の評価、③気候変動適応の戦略立案に関する研究をパッケージ化し、適応研究プログラムとして実施しています。本研究プログラムの成果は、政府による気候変動適応計画の変更といった政策決定への貢献を目指すとともに、A-PLAT及びアジア太平洋気候変動適応情報プラットフォーム(AP-PLAT)を通じて公表していきます。

気候変動適応研究プログラムの概要

プロジェクト概要

気候変動影響の観測・監視に関する研究プロジェクト(PJ1)

PJ1代表: 小熊宏之(生物C)

中長期目標期間中に、自然生態系分野(陸域生態系、沿岸域・閉鎖性海域生態系、海洋生態系、沿岸生態系、湖沼・流域生態系)、大気汚染(オゾンやPM等)に関連する長期モニタリングデータと、関連する気象要素(例えば、気温、降水量、風速、湿度など)等のデータを収集・整備し、中・長期的な変動傾向と気候変動影響の関連性について統計的手法を用いて分析します。また、統計的に検出される気候変動影響を裏付けるために、影響のメカニズム解明に関する実験も実施します。さらに、気候変動影響を観測するための効果的なモニタリング手法を開発します。

これらを通じて、得られた観測データや様々な分野で検出された気候変動影響を気候変動適応情報プラットフォーム及びアジア太平洋気候変動情報プラットフォームから公表し、一般に広く周知すると共に気候変動影響の観測・監視・検出の理解促進に貢献します。

各サブテーマの調査・研究対象地の空間分布気候変動影響の観測・監視に関する研究プロジェクト(課題一覧)

気候変動影響評価手法の高度化に関する研究プロジェクト(PJ2)

PJ2代表: 花崎直太(適応C)

中長期目標期間中に、全球、アジア・太平洋諸国、日本全国、地方公共団体スケールを対象に、様々な分野(例えば水資源、陸域生態系、作物生産性、人の健康)の気候変動影響評価を実施します。このとき、気候変動及びその影響の観測・監視・検出に関する研究プロジェクトから提供されるモニタリングデータや影響のメカニズム等を参考にし、気温変化のみならず降水量変化、海面上昇、海洋酸性化などの様々な気候要因を考慮すると共に、社会経済の変化による影響も考慮した高度な影響評価に取り組みます。

これらを通じて、気候変動影響評価手法の高度化や優先地域等の特定などの適応策の検討に貢献すると共に、気候変動適応情報プラットフォーム及びアジア太平洋気候変動情報プラットフォームを活用して、整備した気候シナリオや得られた影響評価結果を公表することにより、社会が気候変動リスクをよりよく把握することに貢献します。

気候変動影響評価手法の高度化に関する研究プロジェクトの概要

気候変動適応戦略立案に関する研究プロジェクト(PJ3)

PJ3代表: 高橋潔(社会C)

中長期目標期間中に、適応に関わる要素・概念・評価手法を整理し、適応関連の科学的情報の集積・伝達のあり方の検討と、気候変動リスク認知及び適応実施の阻害要因の把握を行います。また、既開発の社会経済シナリオを収集・整備するとともに、日本全体及び国内地方公共団体における気候変動影響・適応策・緩和策評価に利用可能な社会経済シナリオを開発、提供します。さらに、統計情報及び活動量・環境情報の実測値をもとに面的推計も含めた統計分析手法を組み合わせて適応策の効果等を定量評価するシステムや、地域社会・経済への影響連鎖を考慮した上で、生活の質(Quality of Life、QOL)指標により気候変動影響及び適応策を評価するフレームワークを開発するとともに、それらを用いた分析を実施します。加えて、国外で生じるさまざまな気候変動影響がわが国の生産活動や消費活動に及ぼす影響を、国際産業連関分析や応用一般均衡モデル分析等により明らかにします。

これらを通じて、効果的な適応戦略立案に貢献するとともに、得られた科学的知見やシステムを気候変動適応情報プラットフォーム及びアジア太平洋気候変動情報プラットフォームを活用して公表することにより、地方公共団体等の適応計画立案、適応策の策定、及びステークホルダーとのコミュニケーションを促進していきます。

気候変動適応戦略立案に関する研究プロジェクトの概要

プログラム構成

プログラム統括
  • 肱岡靖明(適応C)
プロジェクトリーダー
  • PJ1:小熊宏之(生物C)
  • PJ2:花崎直太(適応C)
  • PJ3:高橋潔(社会C)
テーマ代表
  • PJ1-1:小熊宏之(生物C)
  • PJ1-2:東博紀(地域C)
  • PJ1-3:山野博哉(生物C)
  • PJ1-4:荒巻能史(地球C)
  • PJ1-5:井上智美(生物C)
  • PJ1-6:梁乃申(地球C)
  • PJ1-7:内田昌男(計測C)
  • PJ2-1:花崎直太(適応C)
  • PJ2-2:角谷拓(生物C)
  • PJ2-3:永島達也(地域C)
  • PJ2-4:山野博哉(生物C)
  • PJ2-5:芦名秀一(社会C)
  • PJ2-6:林誠二(福島支部)
  • PJ2-7:岡寺智大(地域C)
  • PJ3-1:高橋潔(社会C)
  • PJ3-2:芦名秀一(社会C)
  • PJ3-3:藤井実(社会C)
  • PJ3-4:石垣智基(循環C)
  • PJ3-5:増井利彦(社会C)
  • PJ3-6:松橋啓介(社会C)
  • PJ3-7:戸川卓哉(福島支部)
  • PJ3-8:久保雄広(生物C)

研究テーマ一覧

「テーマ名」をクリックすると詳細をご覧いただけます。

テーマ番号 テーマ名
PJ1 PJ1-1 陸域生態系の長期変化観測と気候変動の影響評価および適応に関する研究
PJ1-2 沿岸域・閉鎖性海域における環境・生態系を対象とした気候変動の影響評価・予測と適応策の検討
PJ1-3 サンゴ礁生態系の将来予測と適応計画
PJ1-4 気候変動による日本周辺海域における海洋環境と生態系への影響評価
PJ1-5 マングローブ生態系機能評価と適応策
PJ1-6 アジア域の陸域生態系機能評価と適応策
PJ1-7 山岳凍土動態変化の長期的監視と気候変動による土地脆弱性評価
PJ2 PJ2-1 水資源、陸域生態系、作物生産性、人間健康に関する全球気候変動影響評価及び気候シナリオの開発に関する研究
PJ2-2 湖沼・流域生態系の観測の高度化と気候変動の影響評価および適応に関する研究
PJ2-3 気候変動による日本およびアジア太平洋域の大気汚染の変化とその環境影響評価
PJ2-4 生物・生態系の変化の検出と予測の高度化
PJ2-5 わが国の再生可能エネルギーへの気候変動影響評価に関する研究
PJ2-6 自治体との連携に基づく気候変動による市街地の水災害・水環境影響への適応策の評価
PJ2-7 南アジア諸国の水資源制約化での発電システムの脆弱性評価と適応に関する研究
PJ3 PJ3-1 適応の実践を支援する評価手法とリスクコミュニケーションに関する研究
PJ3-2 社会システムモニタリングを用いた適応行動による効果推定手法の開発と地域社会での実装
PJ3-3 地域資源を活用する環境型産業を支える気候変動適応策の検討
PJ3-4 熱帯地域における都市水害による浸水軽減・環境汚染防止のための廃棄物適正管理手法の提案
PJ3-5 気候変動影響を踏まえた日本の安全保障のあり方に関する研究
PJ3-6 気候変動影響・適応評価のための日本版社会経済シナリオの構築
PJ3-7 適応策立案支援のための地域循環共生圏指標の研究開発
PJ3-8 自然保護区における気候変動適応オプションと管理策
PageTop